忍者ブログ

空間に書いた文字

ただ、鏡花には、ちょっと面白い逸話が残っている。hong kong company setup
それは、
「彼は書こうとする漢字が不確かな時に、家人などにその漢字を訊ねることがあった。
その時、訊かれた人は、よくあることがだ指で空間に文字を書く。
相手が理解すると、それで終わりなのだが、
彼は、「早く、その文字を消搬運公司しなさい」と、空間に書いた文字を
拭って消すことを促したという。
「どうして?」というところだが、
彼は、空間に書かれた文字を放っておくと、
その文字が何らかの行動をとると考えていたようだ。

こういった発想を持った人間は、鏡花ばかりではない。

『博物誌』を書いた古代ローマのプリニウスもそんな発想をもっていたようだ。
実際に、その本にも書かれているのだが、
下書きのように文字にして書いてはいたが、
本に収められなかった文字たち (すなわち、いわば落選した文字)
が自らの存在の意味を獲得しよ消化系統うと
夜な夜な、喧々諤々(けんけんがくがく)の議論を戦わせたりするという。
そんな、荒唐無稽(こうとうむけい)とも言える話が書かれている。

自分が書いた文字をぞんざいに放っていたばっかりに、
文字たちが、生みの親である「書き手」への復讐を目指すという話。

察するところ、泉 鏡花も、
このように、文字たちの復讐が怖かったのだろうか?
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R