忍者ブログ

猫の名前』

俳優でもあり映画監督でもあった伊丹十三氏の猫の名は護髮產品
『黄金丸(こがねまる)』。ボールで芸もした猫だった。
そして彼には『歯医者』という猫もいた。「何で歯医者?」これがわからない。

『家出のすすめ』知られる寺山修司は、二匹の猫に
それぞれ『質問』『答え』という名をつけていた。

『グリム童話』に収められている動物笑話「猫とねずみのともぐらし」
という話の中には、
猫が逆に名付け親になって赤ん坊の名前をつける話が出てくる。
赤ん坊のしぐさを見て、「縁なめ」「半分ぺろり」「全部べろり」
という名を付ける話が出てくる紅葡萄酒

また、落語の小咄に『猫の名前』というのがある。
猫にいい名前を付けようとする話。

「この猫には強くなってもらいたいから、一番強いものの名前を付けようと思うんだ。
そこで『虎』って言うのがいいと思うんだが、どうだい?」
「強いんだったら、龍の方が強いや」
「龍をのせるのは、雲だぜ?」
「じゃあ、雲だな」
「雲だって、風が来りゃあ、飛ばされちまうぜ」
「じゃあ、風に飛ばされないもの?」
「そりゃ、壁だな!」
「壁だって、負けるものがあるだろう?」
「そりゃ、齧(かじ)られるから、ネズミだな」
「ネズミ?ネズミが一番強いかい?」
「ネズミより強いと言ったら『猫』だ卸妝產品! 」

「じゃ、猫だ!」
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R