忍者ブログ

うな宇宙の塵粒子

宇宙における星や惑星の数10億があります。星のガスの熱烈な球で、地球のような惑星の固体でできている。惑星塵の雲が新たに形成された恒星の周りに渦が形成されている。ダスト粒のような元素炭素、シリコン、酸素、鉄、マグネシウムから構成されている。しかし、宇宙塵はどこから来るのか?と、コペンハーゲンオルフス大学をできるだけでなく、巨大な超新星爆発におけるダストの粒子を示している大学のニールスボーア研究所からの新しい研究は、彼らはその後の衝撃波への露出を生き残ることができます。結果は、自然科学的なジャーナルで発表されます。宇宙塵はどのように形成される天文学者には謎。

星は、素子自体に熱烈な水素ガスから形成されている。水素原子同士により重いとより重い要素と融合過程において、星の光、すなわち、の形で放射線を放出するエネルギー。全ての水素が無くなった場合には、より多くのエネルギーを抽出することができ、スター型とガスの巨大な雲のスペースに外へ投げられます、そこで、彼らは、リサイクルされた新星には広大な宇宙のサイクルでした。
重元素は、主に超新星に形成され、巨大な爆発で死ぬということは、大きい星である。しかし、どのようになるのは、要素の大きな塊のような宇宙の塵粒子?
ダストの起源の謎
「問題は、たとえ重元素で構成されたダスト粒子を超新星における形だろうということでした、超新星爆発のダスト粒子を生き残らないかもしれませんが、とても狂暴です。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R