忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

撿拾起關於愛的點點滴滴~

我在春天的原野,
記憶的林裏徜徉英國自由行
撿拾起關於愛的點點滴滴,
我在想,每每記憶都如我們最初的相遇,
美得令人心悸······
我知道,我們都會變老,雖然,那是以後。
我知道,期待天荒地老,雖然,那是以後。
我不知道,以後會怎麼樣,
然而,我卻期待。
你的陪伴,讓我的生命有了別樣的精彩。
所以,你的成長!由我來陪伴。
感謝蒼天,將你賜給我,感謝你,健康成長,
除此之外,我別無所求。
或許你還不明白,愛,為何這般繁瑣?
或許你還不明白,愛,總是那麼啰嗦!
或許你已經厭煩,但是你要記住,
愛就是這般無奈。
記住愛,記住時光,
記住流年那些美好的。
寫給你,寫給成長中風
寫給流年的歲月 如何註冊公司
PR

西山とか田村とか

「先生もひどいよね。こんな細っこい優馬に、こんな重いもの持たせるなんて。自分で持ってくればいいのに平價酒店
「……別にいいよ。こんなのちっとも重くなんかないし」
菜々美の横をすり抜け、中央の実験机にテキストの山をどさりとおいてから優馬は、わざとそっけない口調で返した。
リップクリームを塗っているのか、すぐ横で菜々美の唇がつややかに光る。
微かに漂う甘いイチゴの匂いは、きっとその唇から来るのだろう。優馬はめまいを覚えた。
「菜々美はなんでこんなに早く来てるんだ? 西山とか田村とか、一緒じゃないの?」
「そ。一緒じゃないの。たまには優馬とゆっくり話がしたくてさ。先生が優馬の事探してたし、準備係だから早く来るなって思って、ここで待ってた」
「何で話なんか。……なにかあった?bb車
胸の中が再びざわざわと騒ぎ出す。
こんな至近距離で、今までは菜々美のどこを見ながらしゃべっていただろうか。
まっすぐ目が見れない。
少し目線を下げてみるが、薄い開襟シャツの胸元に目がいかないように注意しながら菜々美を見る事は、とてつもなく難しかった。
「ねえ、優馬って、記憶が一部分だけ消えてしまったりすること、今もある?」
けれど不思議なことにその一言ですべてのザワつきが消えた。
体中の細胞がしんと冷えていく。 息を潜め、優馬はその質問を反芻したbotox收鼻翼

年代與江湖

      多少時日,在經歷了幾千年風雨沖刷的大地上,人們幾乎用著亙古不變的情感來紀念離世的先祖。方桌一擺,上面聳紅燭兩臺,燭後黃紙三摞,紙摞上插六塊神仙靈牌,牌旁有兩碗盛米,中間一小鼎供香。桌前和尚,頭戴紙糊金冠,身披紫紅長袍,左手挽拂塵,右手不時的在空中比劃。口中的經文有音有調,而整個身體則在有韻腳的詞句中,有規律的向東南西北擺動……

      高堂明鏡,跪拜的是青絲細發,而遺像中的老人卻兩鬢雪白。我們羅家世代無達官顯貴,就連我竟算得上家族中文憑最高的人,由此可見,羅家世代相傳的沒有真金白銀或滿櫃紙書。但長輩們留下的卻是被鄰里一直稱讚的融於血脈之中的一份善良。

      如今,叔祖父的離開,我沒有絲毫的遺憾。雖然與叔祖父沒有太多的交流,但好歹他老人家的教導與送上的米飯,也都存於我記憶之中,如數家珍一般。平日裏與老人相處,作為晚輩的我,唯一能做的,只能讓他拉著我的手,聽他講著,被那個時代所深深烙印過的故事。唯一的不足的,就是相伴的時間太少。而葬禮上,給客人的遞煙送水,收記人情,守夜上山,也全當是種補償。

      親情,源於血脈,而血脈,雖表面上只是泛紅的液體,但實際卻蘊含了太多故事。老一輩人對過往的回憶,大多只在同輩人中述說,不願與後人分享。當闊別許久的兄弟兩人,見面手拉著手,進行簡單的寒暄時,我早已發現爺爺眼角的淚滴。

      兩人肯定有著聊不完的話題,而雙方的言語卻停留在了程式上的客套,畢竟有些時候,有些事情,動於情而止於禮。仔細觀察後,才發現一片血脈之情,早已在那對緊握的雙手上傳遞,而以往的故事也都刻在了,粗糙的手掌上,各自進行著無聲的表達。這一幕已是去年的場景,現在叔祖父的離去,不用多想,也能描繪出爺爺聽到噩耗時的神情。

      後來聽姑媽說,爺爺得知自己的親弟弟,竟如此意外的結束自己的生命後,這位行動不便老人獨自坐在房間的角落,一直抹了幾個小時的眼淚。在姑媽動身參加葬禮前,爺爺遞出平日裏節儉的工資,並特地囑咐姑媽在和尚做法事時,代他在紙箱裏多扔點錢。

      也是,誰又能料到半年前相見的寒暄,竟成為了最後的離別之言。相見時難別亦難,人死不復生,叔祖父最終還是走了,他最終還是回歸了那代人所熟悉的土地中。這雖然只是一個平凡老人的離世,但在葬禮上,從他那些老同事的表情中,我卻看到了那個時代的終結。

      離開的,永遠長眠地下,而尚在的,只能在這個與他們格格不入的時代與熟悉又陌生的土地上,獨自踽踽前行,帶著那個年代的故事,與那個時代的人們相忘於江湖!

を意識

「パンっぽい匂いがしているってことだ」
パンの匂いをイースト菌と表現してきたのがなんか面白かった。
ひとまず私の幻想じゃないことは、彼女との会話ではっきりした。いやはっきりしたのかな?
でも、かすかに匂いがしてるって言ってるし。やはり気になるところではある。
この匂いを意識し始めたのは1月に入ってからだ。
例えば誰かが正月から突然習慣的に線香を焚き始めたとして、その匂いが建物全体を覆うことなんてあるのだろうか?
そもそも、線香なのだろうか?ひょっとして老朽化した建築材とかが線香臭を放つことでもあるのだろうか?
一体どこから発生しているのだろう?全く原因の見当がつかない。
まぁ、生活に支障が出ているわけでもないし、あまり気にしても仕方がないのかもしれない。
彼女のいうとおり、まぁいい。そのうち慣れるか、消えるさ。
そうこうしているうちに、2月も後半になった。
相変わらず、線香の匂いはしていて、しかも日に日に強くなり、慣れるということはなく、不快感が増していくだけだった。


そんなある日、帰宅したときのことである。
この日私は、中心街で夜までCMフェスティバルを鑑賞していたため、辺りはすっかり暗くなっていた。
アパートの前に到着すると、駐車場がなにやら騒がしくなっているのがわかった。
薄暗い街灯が照らすなかで、人だかりができていた。黒いスーツを着たガタイのいい男たちが群がっていたのだ。
アパートの階段を見上げると、隣人のヤンキーが二階の廊下の手すりに寄りかかって、その様子をじろじろと眺めているのが見えた。
ヤンキーとヤクザの争いごとでもあったのかとも一瞬思ったが、どうもそうではないらしい。
とりあえず階段下の駐輪場に自転車を止めるべく、その正体不明の群集をそそくさとすり抜けて移動してみせた。
すると駐輪スペースの前で中年の男女、おそらく夫婦が支え合って涙を流していた。
大規模な取り立てでもあったのだろうか?そもそも、こんな夫婦いたっけ?と疑問に思いながら私は一礼して、その奥に自転車を静かに止めた。
状況がよくかわからないけれど、なにかただならぬ空気だったので、その場に長居するのがなにかいたたまれない。
そのため即刻にこの場を立ち去りたかった。急いで自転車に鍵をかけて、二階にかけあがりたいと思ったそのときだった。
一階の少し奥から扉が開閉する音が聞こえ、複数の足音が

うな宇宙の塵粒子

宇宙における星や惑星の数10億があります。星のガスの熱烈な球で、地球のような惑星の固体でできている。惑星塵の雲が新たに形成された恒星の周りに渦が形成されている。ダスト粒のような元素炭素、シリコン、酸素、鉄、マグネシウムから構成されている。しかし、宇宙塵はどこから来るのか?と、コペンハーゲンオルフス大学をできるだけでなく、巨大な超新星爆発におけるダストの粒子を示している大学のニールスボーア研究所からの新しい研究は、彼らはその後の衝撃波への露出を生き残ることができます。結果は、自然科学的なジャーナルで発表されます。宇宙塵はどのように形成される天文学者には謎。

星は、素子自体に熱烈な水素ガスから形成されている。水素原子同士により重いとより重い要素と融合過程において、星の光、すなわち、の形で放射線を放出するエネルギー。全ての水素が無くなった場合には、より多くのエネルギーを抽出することができ、スター型とガスの巨大な雲のスペースに外へ投げられます、そこで、彼らは、リサイクルされた新星には広大な宇宙のサイクルでした。
重元素は、主に超新星に形成され、巨大な爆発で死ぬということは、大きい星である。しかし、どのようになるのは、要素の大きな塊のような宇宙の塵粒子?
ダストの起源の謎
「問題は、たとえ重元素で構成されたダスト粒子を超新星における形だろうということでした、超新星爆発のダスト粒子を生き残らないかもしれませんが、とても狂暴です。

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R