忍者ブログ

喧嘩唐人苦笑調達

なるほどそう云われて見れば、かれこれ二十年にもなりましょうか、まだわたしが阿媽港あまかわ通いの「ふすた」船の船頭を致していた頃、あそこへ船がかりをしている内に、髭ひげさえ碌ろくにない日本人を一人、助けてやった事がございます。何でもその時の話では、ふとした酒の上の喧嘩けんかから、唐人とうじんを一人殺したために、追手おってがかかったとか申して居りました。Service etiquette
して見ればそれが今日こんにちでは、あの阿媽港甚内と云う、名代なだいの盗人ぬすびとになったのでございましょう。わたしはとにかく甚内の言葉も嘘ではない事がわかりましたから、一家のものの寝ているのを幸い、まずその用向きを尋ねて見ました。婚姻介紹
すると甚内の申しますには、あの男の力に及ぶ事なら、二十年以前の恩返しに、北条屋の危急を救ってやりたい、差当さしあたり入用いりようの金子きんすの高は、どのくらいだと尋ねるのでございます。わたしは思わず苦笑くしょう致しました。embrace this warm winter
盗人に金を調達して貰う、――それが可笑おかしいばかりではございません。いかに阿媽港甚内でも、そう云う金があるくらいならば、何もわざわざわたしの宅へ、盗みにはいるにも当りますまい。Single Party
しかしその金高きんだかを申しますと、甚内は小首こくびを傾けながら、今夜の内にはむずかしいが、三日も待てば調達しようと、無造作むぞうさに引き受けたのでございます。が、何しろ入用なのは、六千貫と云う大金でございますから、きっと調達出来るかどうか、当あてになるものではございません。いや、わたしの量見りょうけんでは、まず賽さいの目をたのむよりも、覚束おぼつかないと覚悟をきめていました。MADGOD
甚内はその夜よわたしの家内に、悠々と茶なぞ立てさせた上、凩こがらしの中を帰って行きました。kick life to star
が、その翌日になって見ても、約束の金は届きません。二日目も同様でございました。turn back sea flower
三日目は、――この日は雪になりましたが、やはり夜よに入ってしまった後のちも、何一つ便りはありません。わたしは前に甚内の約束は、当にして居らぬと申し上げました。が、店のものにも暇ひまを出さず、成行きに任まかせていた所を見ると、それでも幾分か心待ちには、待っていたのでございましょう。 また実際三日目の夜よには、囲いの行燈あんどんに向っていても、雪折れの音のする度毎に、聞き耳ばかり立てて居りました。dare drunk deep
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R