忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

悶絶した挙句倒

もともと こういう絵を描く子だったのよ。
 でもねえ、 この手の作品は、 なかなか売れないのよねえ。 残念だけど。
 展覧会には いつも一枚だけ、 ドサクサ紛れに出すらしいわ」
「なるほど、 評価されにくい絵ですね。
 それはともかく、ここまでするには 犯人もずいぶんと時間がかかっているでしょうね」
「やっつけ仕事じゃないのは確かねreenex 效果
 悪ふざけの悪戯や、 恨みとか 単なる嫌がらせにしては、 仕事が丁寧すぎる。
 どんな犯人なのか 興味が湧いちゃうわ」

 そこに警官が来て、 達磨坂に報告をした。
「警部、 コメダワラ画伯は、悶絶した挙句倒れましたので、 病院に運びました。
 落ち着くまで 事情聴取は無理だと思います」
 へえ、 クリちゃんて けっこう偉かったんだ。
 侵入経路がまだ不明だの、 犯行時間がどうのこうのと 警官は報告を続けていたが、
 私は カタログに記入したばかりの線を眺めていた。

 どれも 最近のコメダワラ作品の特徴とも言える部分が 切り取られている。
 赤と白の横縞シャツを着た ひょろ長い男reenex cps
 どういうわけか いつも毛糸の帽子を被っている青年が、
 まるで登録商標のように 画面の目立たないところに描かれていて、
 彼を探すのも コメダワラ作品の人気の一つになっているのだが、
 切り取られた部分には 必ず彼が含まれているみたいだ。
 事件と関係があるのだろうか。
 おお、 私ってば探偵みたいだ。
 一人悦に入っていると、 加太和布先生が覗き込んできた。

「珍しく面倒なことを熱心にやっているわね。
 気の利いたことをしていると思ってるでしょ。
 でもそれくらいのことは、 クリちゃんがきれいにまとめて、 捜査資料としてくれるわよ。
 残念、 骨折り損ね。 警察のすることを甘く見ちゃ駄目よ。
 それより まだ捜査中だから、 それを むやみに人に見せるんじゃないわよreenex hong kong
 分かってる?」
PR

た各種将棋大会

彼女の唯一の友人は黒部歩夢(くろべあゆ)と流川夕菜(りゅうかわゆうな)だった。中学の頃からの友人で同じ高校に進学し、家も近く、その関係で親同士も親しくしている仲だった。歩夢は陸上部に所属し、夕菜は文芸部に所属していた。そして二人は亜香音が将棋を指している事を知っている数少ない友達だった。勿論、道場に通っている事も知っていた護髮中心
 
自宅の二階の部屋の本棚には将棋関連の本や雑誌が並んでいる。愛用の将棋盤は小さい頃に父に買ってもらったが物だが、駒だけは八歳の時に行われた将棋大会で優勝した時に貰ったものだった。当時の値段としては一組が数万円のものだった。地元の新聞には『天才少女が現われる』と報道されていた。また各種将棋大会で優勝した時に貰った盾やトロフィーも並べられていた。小さい頃のどんな写真を見ても駒で遊んでいたり、将棋盤の上で座っていたり、そんな写真が何枚も数枚飾られていた。だから男の子と遊んだ記憶はなく、有っても将棋を指している姿だったりした產後脫髮
 
亜香音が初めて将棋道場に行ったのは四歳の頃だった。当時の道場は畳に座って指していた。胡坐をかいた左側の足の上に座り、父の右手には駒を持っている写真が有ったのだ。その写真は今でもアルバムに張られていた。以来、不定期に父に連れられて行った。
 
亜香音の父も休日になると地元の将棋道場に通っていた。朝十時の開店に合わせて閉店まで過ごす事もあった。その間の昼食や夕食は出前を頼んだり、コンビニ弁当を食べてお腹を満たしていた。すると母は早く戻って一緒に食べたらと言うが、そんな事もお構いなく遅くまで将棋をしていた。
 
父がアマチュア初段の認定を受けたのは三十代初めだった。その後は仕事が忙しくなり、一時期、将棋から遠ざかっていた時期も有った。今、長期スランプに陥り初段の壁を破れないでいる。目下の目標はアマチュア二段になる事だった。そんな訳で、ここ数年、足踏み状態が続いている父だった。torial

浅草寺は特別

それでも江戸の庶民にとっては浅草寺は特別な寺社なのだ。
ほおずき市の発祥は愛宕神社の千日詣での市からと云われるが、浅草寺に立つ市としては歳の市と並ぶ賑わいがある。

夏の訪れを江戸の人に知らせる節気で、植木市、朝顔市とはまたまた違う風物と聖日観音信仰、四万六千日の徳も人を誘う周向榮

人出が多いとそれだけ揉め事も多いから深川組みと呼ばれた十手役人だけでは手が廻らず、町奴や鳶の自警団やら江戸内から人手が借り出される。

 下っぴき見習いの一太も、日の出湯の倉蔵親方から、浅草寺のほおづき市に見回りに出ろと声を掛けられ勇んでとんででたDr Max

親は池之端で小間物屋を営んでいる。てて親は下谷の岡引き太助だ。小さい頃から留守勝ちなてて親に代わり小間物の手伝いもしていたから、十二になると日本橋の小間物問屋、紅屋に奉公に出た。

算盤帳づけも習って、一人前の若衆になったら実家に戻って小間物屋を継ごうと思っていたが。もとは餓鬼大将でならした太一にはそれは退屈にも思えるのだった。

 ある日、使いの帰りに池之端を歩いていると、町鳶の中也が走っていく。

中也あにい何かあったのかぃ。

おうよ、太一こいや。おとっつぁんの捕り物だぁ手伝え。

言われるままについて走っていくと、暴れている男二人を相手に、口に取り縄を咥えた太助が取りふせようと奮闘して回收いる。

西山とか田村とか

「先生もひどいよね。こんな細っこい優馬に、こんな重いもの持たせるなんて。自分で持ってくればいいのに平價酒店
「……別にいいよ。こんなのちっとも重くなんかないし」
菜々美の横をすり抜け、中央の実験机にテキストの山をどさりとおいてから優馬は、わざとそっけない口調で返した。
リップクリームを塗っているのか、すぐ横で菜々美の唇がつややかに光る。
微かに漂う甘いイチゴの匂いは、きっとその唇から来るのだろう。優馬はめまいを覚えた。
「菜々美はなんでこんなに早く来てるんだ? 西山とか田村とか、一緒じゃないの?」
「そ。一緒じゃないの。たまには優馬とゆっくり話がしたくてさ。先生が優馬の事探してたし、準備係だから早く来るなって思って、ここで待ってた」
「何で話なんか。……なにかあった?bb車
胸の中が再びざわざわと騒ぎ出す。
こんな至近距離で、今までは菜々美のどこを見ながらしゃべっていただろうか。
まっすぐ目が見れない。
少し目線を下げてみるが、薄い開襟シャツの胸元に目がいかないように注意しながら菜々美を見る事は、とてつもなく難しかった。
「ねえ、優馬って、記憶が一部分だけ消えてしまったりすること、今もある?」
けれど不思議なことにその一言ですべてのザワつきが消えた。
体中の細胞がしんと冷えていく。 息を潜め、優馬はその質問を反芻したbotox收鼻翼

年代與江湖

      多少時日,在經歷了幾千年風雨沖刷的大地上,人們幾乎用著亙古不變的情感來紀念離世的先祖。方桌一擺,上面聳紅燭兩臺,燭後黃紙三摞,紙摞上插六塊神仙靈牌,牌旁有兩碗盛米,中間一小鼎供香。桌前和尚,頭戴紙糊金冠,身披紫紅長袍,左手挽拂塵,右手不時的在空中比劃。口中的經文有音有調,而整個身體則在有韻腳的詞句中,有規律的向東南西北擺動……

      高堂明鏡,跪拜的是青絲細發,而遺像中的老人卻兩鬢雪白。我們羅家世代無達官顯貴,就連我竟算得上家族中文憑最高的人,由此可見,羅家世代相傳的沒有真金白銀或滿櫃紙書。但長輩們留下的卻是被鄰里一直稱讚的融於血脈之中的一份善良。

      如今,叔祖父的離開,我沒有絲毫的遺憾。雖然與叔祖父沒有太多的交流,但好歹他老人家的教導與送上的米飯,也都存於我記憶之中,如數家珍一般。平日裏與老人相處,作為晚輩的我,唯一能做的,只能讓他拉著我的手,聽他講著,被那個時代所深深烙印過的故事。唯一的不足的,就是相伴的時間太少。而葬禮上,給客人的遞煙送水,收記人情,守夜上山,也全當是種補償。

      親情,源於血脈,而血脈,雖表面上只是泛紅的液體,但實際卻蘊含了太多故事。老一輩人對過往的回憶,大多只在同輩人中述說,不願與後人分享。當闊別許久的兄弟兩人,見面手拉著手,進行簡單的寒暄時,我早已發現爺爺眼角的淚滴。

      兩人肯定有著聊不完的話題,而雙方的言語卻停留在了程式上的客套,畢竟有些時候,有些事情,動於情而止於禮。仔細觀察後,才發現一片血脈之情,早已在那對緊握的雙手上傳遞,而以往的故事也都刻在了,粗糙的手掌上,各自進行著無聲的表達。這一幕已是去年的場景,現在叔祖父的離去,不用多想,也能描繪出爺爺聽到噩耗時的神情。

      後來聽姑媽說,爺爺得知自己的親弟弟,竟如此意外的結束自己的生命後,這位行動不便老人獨自坐在房間的角落,一直抹了幾個小時的眼淚。在姑媽動身參加葬禮前,爺爺遞出平日裏節儉的工資,並特地囑咐姑媽在和尚做法事時,代他在紙箱裏多扔點錢。

      也是,誰又能料到半年前相見的寒暄,竟成為了最後的離別之言。相見時難別亦難,人死不復生,叔祖父最終還是走了,他最終還是回歸了那代人所熟悉的土地中。這雖然只是一個平凡老人的離世,但在葬禮上,從他那些老同事的表情中,我卻看到了那個時代的終結。

      離開的,永遠長眠地下,而尚在的,只能在這個與他們格格不入的時代與熟悉又陌生的土地上,獨自踽踽前行,帶著那個年代的故事,與那個時代的人們相忘於江湖!

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R